前書き【日本語母語者が第二言語習得の際、不利になる要因】

日本語を母語とした母国語話者が第二言語を習得する際、他国と比べ不利になる。それは日本語という母語が干渉するからであり、日本特有の文化が含まれているからである。ここで指す日本特有の文化とは「非言語(ノンバーバル)表現」である。つまり、自分の考えをすべて言語化して表現する言語ではなく、しぐさや雰囲気などの言語以外の表現でコミュニケーションを図る言語である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です