【台湾が中国をだます?東野圭吾著『白夜行』の著作権裁判】

日本及びアジアで有名な作家東野圭吾氏の作品『白夜行』の著作権に関する裁判で台湾台北地方法院の判決は、騙されたと主張している吉光片羽电影娱乐有限公司(中国)側の言い分に、「故意に欺くつもりがないと認めながらも、著作権が提供できないため契約を違反した」と結論づけたと、台湾メディアは伝えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です