【香港「犬猫食禁止」提案、犬食伝統文化の中国で賛成派・反対派の激しい論争が繰り広げられる】

親中派と言われている香港民主建港協進聯盟(民建聯)は5月11日、犬猫食禁止を含んだ主要23項目の建議・提案を5月21、22日に開催される両会(「全人代」と「全国政協」)に提出する。古来より世界中で犬を食用としていた俗習や文献が残っており、文明の発達とともに食用ではなく「家族の一員」として見做されることが多くなってきた。未だ食犬を続けている国は存在するが、その中でも「食は中国に有り」と謳われる中国で法律として「犬猫食禁止」が施行されるのか、人民の中では様々な意見が飛び交っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です