【2020年半期で既に最悪の年?インドを襲う「パンデミック」、「スーパーサイクロン」に「蝗害」の3災害】

武漢ウイルスのパンデミックにより累計感染者数が26日、540万人※WHOを超えた。日本を含む比較的コントロールが出来てきている国は安定化に向かっているが、中南米では武漢ウイルス感染者数が急増している。アジア→ヨーロッパ→北米→中南米とパンデミックの収束が見えず、未だ多くの国がコロナ禍で混乱している中、インドでは20年以来となる「スーパーサイクロン」の発生、渡りバッタが大量発生による蝗害こうがいに直面している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です