【イギリス有力者が「Huawei」を後押し、背後に中国の存在?本当の狙いとは】

MI6(英情報機関)出身のクリストファー・スティール(Christopher Steele)氏と元外交官のアーサー・スネル(Arthur Snell)氏が執筆したレポート『China’s Elite Capture』によると、中国がイギリス有力者に中国通信機器大手Huawei(华为技术有限公司 )を後押しするよう操作しようとしたことに非難した。がしかし、本当の狙いは別のところにある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です